【夏の紫外線対策】頭皮に紫外線を大量に浴びると秋に抜け毛が増える!? - *カミハピ*アラフォー女の薄毛・更年期・肌対策
FC2ブログ

薄毛白髪・更年期・肌悩み・ヘアケア・スキンケアの実体験レビュー、ケア方法、美容健康おすすめ商品、役立つ情報

【夏の紫外線対策】頭皮に紫外線を大量に浴びると秋に抜け毛が増える!?

kamihapi

70dbae86219be65df9e9f3218aa06ff8_t.jpg


すっかり夏真っ盛り、猛暑の日々ですが、みなさん紫外線対策はきちんとされているでしょうか?


腕や首、デコルテ、足など露出部分には日焼け止め塗りますよね?


頭皮はどうでしょう?無防備になってはいませんか?


頭皮を紫外線にさらしてしまうと大変なことに・・!


今回は特に抜け毛に悩む方向けに頭皮や髪の紫外線対策をお伝えします!





夏は危険!紫外線を浴びると頭皮はどうなる?



夏は紫外線が気になる季節。


といっても実際には5月くらいから紫外線量が急増しており、厳密にいえば2月から中程度の紫外線量があります。


紫外線を肌に浴びると「光老化」という現象が起きます。
これは紫外線が肌の奥に侵入すると、ジワリジワリと細胞が破壊され、シミやしわ、たるみなどが引き起こされる老化現象のことです。


加齢による老化よりはるかに怖いのが紫外線による光老化。肌老化の8割は紫外線による老化と言われています。


紫外線を浴びやすい頭皮、顔や首、手など体の上部にある部位が光老化が現れやすく、もっとも最上部の頭皮は顔の2~3倍の紫外線を浴びているのです。


では、頭皮が紫外線を浴びてしまうと頭皮はどうなってしまうのでしょうか。


頭皮が紫外線を浴びてしまうと頭皮はダメージを受けます。同時に髪の毛もダメージを受けます。


まず気づくのが髪のダメージです。紫外線により髪の毛が赤茶けてきます。また、毛髪のたんぱく質が破壊されるため、キューティクルが損傷し、枝毛や切れ毛、パサつきの原因に。


そして、頭皮は少し気づきにくいところがあります。、気付かないうちに紫外線が頭皮の深部に入り込み、髪を作り出す毛母細胞が壊されていき、毛髪サイクルの乱れを引き起こします。


【髪への紫外線ダメージ】

・髪が赤茶けてくる

・髪の毛が乾燥しやすくなりパサついてくる

・髪が切れやすくなったり枝毛ができたりする


【頭皮への紫外線ダメージ】

・頭皮に赤みや炎症が起きる

・毛母細胞がダメージを受けて抜け毛が増える

・毛髪サイクルが乱れるので薄毛が進行


というように抜け毛や薄毛に悩んでいる方に紫外線ダメージは非常に深刻です。特に頭皮への紫外線ダメージは見た目での変化がわかりづらいですし、症状が出てからケアするよりも紫外線予防ケアをしっかりやることが大切です。


秋に抜け毛が多いって本当?



はい、本当です!


通常健康な髪の人でも1日50~100本近くの髪の毛が抜け落ちますが、秋になると1日に100~200本の髪の毛が抜けるようになります。頭皮ダメージが大きい場合はそれ以上の本数が抜ける場合もあります。


通常の倍くらい髪の毛が抜ける現象は日ごろ抜け毛や薄毛に悩んでいる方にとってはかなり恐ろしい現象ですよね。。


では、なぜ秋になると抜け毛が増えるのでしょうか?


一般的には動物の毛替わりの名残といわれています。冬に備えて夏の毛が抜け、新たに冬毛が生えてくるというものですが、人間にもその名残があるとされていて、これは自然脱毛なのでほとんど心配はありません。


問題は夏の紫外線ダメージです。

先ほどもお伝えしたように紫外線によって毛髪の老化現象が起きます。さらに夏の暑さによる寝不足、食欲不振、ストレスなども加わって、本来一時的であるはずの秋の脱毛が秋だけにとどまらず、薄毛が進行してしまうのです。


ですので夏にいかに頭髪ケア、紫外線防止ケアをするかが重要になってきます。

秋に抜け毛を増やさないためにも夏の頭髪ケアを見直してみましょう!


髪や頭皮の紫外線対策!夏のケアが大事!



まず基本的に正しいヘアケアが大切になります。


1.朝の育毛剤ケア

朝のケアにおすすめなのは、育毛剤を使ったケアです。睡眠中に蒸発した水分を補給し、バリア機能を高めます。

また日中に浴びる可能性がある紫外線ダメージに対抗する免疫力を高め、紫外線を浴びたり1日中エアコンの部屋にいることで頭皮が乾燥してしまうのを防ぎます。


2.頭皮マッサージ

育毛剤をつけたら頭皮マッサージしましょう。寝ている間に停滞していた血行を促進させ頭皮を柔らくして紫外線ダメージに打ち勝つ健やかな頭皮に。


3.夜のシャンプーケア

夏は汗をかきやすくついゴシゴシと洗いたくなるかもしれませんが、それはNG。紫外線を浴びてる可能性もあるので頭皮が敏感になっています。爪を立てずに優しくふんわりと洗いましょう。

夏はダメージを受けやすいですから頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使うのがおすすめです。


haru kurokamiスカルプ


紫外線ダメージから頭皮・髪を守る紫外線ケア成分配合!


なお、暑い時期は夜中寝ている間も汗をかくので朝もシャンプーしたくなるかもしれませんが、洗いすぎはよくありません。どうしても汗が気になる場合はお湯だけでも汗を流すことができます。


4.日傘や帽子をかぶる

しっかりヘアケア、頭皮ケアをした上で日傘や帽子は頭皮を紫外線から守るのに必須です。日傘はUVカット機能のあるもので黒や紺などの濃い色を選びましょう。最近は男性用の日傘も人気です。

帽子も同様ですが、帽子は頭皮が蒸れやすくなるので通気性の良いものを選んだり、適宜タオルなどで頭皮の汗を拭きましょう。


5.頭皮や髪にもUVスプレー

頭皮や髪にも使えるUVスプレーを使ってみるのも◎ UVスプレーを使用した日はしっかりシャンプーを忘れずに!


6.からだの中から育毛紫外線ケア

たんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂取すると紫外線ダメージに負けない丈夫な髪や頭皮を育てることができます。

髪はケラチンというたんぱく質からできているので毎日良質なたんぱく質を摂って丈夫な髪を育てましょう。

ミネラル不足は抜け毛の原因に。ビタミン類は髪の毛の発育を促し、新陳代謝を高めてくれるので積極的に摂りましょう。


・卵

良質なたんぱく質で、鉄分、亜鉛、セレニウムなどのミネラルも含まれています。ただし食べすぎは、コレステロールの摂りすぎになりますので注意しましょう。

・豆腐

たんぱく質が豊富で、女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンを多く含みます。

・牡蠣

たんぱく質が豊富なうえ、亜鉛も多く含みます。

・イワシ、サバ、アジ、サンマなど(青魚)

たんぱく質が豊富で、さらに血液サラサラにするといわれるDHA、EPAなども含まれています。

・緑黄色野菜

色の濃い野菜は、血行促進によいビタミン類をたくさん含んでいます。

マイナチュレ公式サイトより)


まとめ 頭皮に紫外線を大量に浴びると抜け毛が増える!



紫外線は加齢による老化以上に深刻で頭皮の紫外線防止対策をしないと秋に髪の毛がドッと抜けるかも、ということをお伝えしました。

なにより日々のヘアケア、頭皮ケアをいつも以上に意識して行うことが大切です。


夏は出かけることも多いかと思いますが、車の中でも紫外線は浴びやすいのでしっかり紫外線対策をして出かけましょう!


次回は頭皮や髪の紫外線対策におすすめのアイテムなどご紹介したいと思います。






関連記事
【40代後半の悩み】髪がスカスカでおばあちゃんに見られた、改善方法教えて!
薄毛・白髪・ハリコシボリュームいっぺんにケアできるシャンプーはコレ!アラフォー悩み解消!
頭頂部・分け目が薄い!目立たなくする方法は?【急な用事・アラフォー女性編】
抜け毛に悩むアラフォー女性にシャンプーを使わない洗髪方法『湯シャン』はおすすめできる?できない?

Comments 0

There are no comments yet.